広告 バイク

ポイントカバーの交換方法、カスタムに必要な工具【ハーレーショベルヘッド】

ムーンアイズ製ポイントカバー

ハーレーダビッドソン、ビッグツインの1970年式ショベルヘッドからいわゆるコーンショベルと言われている。

この年式からポイントカバーが存在し、エンジンの外観を簡単に変更することが可能だ。

シンプルなパーツなので各ショップやブランド、自作パーツが巷に溢れている。

この記事ではパーツ交換に必要な工具や交換方法、注意点などを解説するぞ。

写真多めで詳しく解説しているので自分でカスタムする方の参考にしてほしい。

created by Rinker
¥11,000 (2024/06/23 06:33:59時点 楽天市場調べ-詳細)

ポイントカバー交換に必要な工具、難易度、所要時間

必要工具:六角レンチまたはドライバー

六角レンチ

ポイントカバーに使用しているボルトによって必要な工具は違う。

大概はインチサイズの六角レンチ(ヘキサゴンレンチ)となる。

使っている工具はアマゾンで購入した。

created by Rinker
デイトナ(Daytona)
¥2,064 (2024/06/23 06:34:00時点 Amazon調べ-詳細)

使用サイズは使うボルトによって変わるが3/32インチのボルトと

9/64インチの六角ボルトがあった。

他にはプラスネジのボルトも存在する。

工具類はこちらの専用記事で紹介しています。

パーツ交換の難易度はベリーイージー

ポイントカバーと工具
ポイントカバー、ガスケット
ダイナS、セミトラ

2点で止められているボルトを外せばポイントカバーを取り外せるのでそのまま交換するのみとなる。

何も悩む点はないのでビビらずに挑戦してみよう。

ボルトサイズはNo.8 - 32 x 1/2

このサイズでフラットタイプのポイントカバーならピッタリだ。

米国ボルトの径がNo8

ねじのピッチが32

ねじの長さが1/2(12.7mm)

立体タイプやドーム型のポイントカバーの場合ねじの長さが長いものにしよう。

所要時間は5分もあれば誰でも交換できる

ガレージにてショベルヘッドと工具

自分の好みのポイントカバーを見つけてカスタムしよう。

車両によっては取り付けが出来ないパーツもあるので次に解説する注意点を読んでほしい。

created by Rinker
ノーブランド品
¥12,500 (2024/06/23 06:34:04時点 Amazon調べ-詳細)

ポイントカバー交換の注意点

取り付け出来ない注意点が2点だけあるので自分の愛車を確認してほしい。

一つがボルト穴の位置だ。

 

・左右2箇所のボルト(ショベル、エボ)

・上下2箇所のボルト(スポーツスター)

・5箇所のボルト(ツインカム)

 

確認しているので上記の三つのタイプが存在する。

まずはどのタイプなのか確認しよう。

点火システムの確認

二つ目がポイントコンデンサーやセミトラ、フルトラが飛び出していないか

ポイントカバーを外して裏側を確認しよう。

突起物がなく、フラットならどんなポイントカバーでも装着できるが

中が出っ張っている場合、ドーム型のポイントカバーしか装着できないので注意

ハーレーは現物をみて確認することが大事だ。

至る所がカスタムできるので前オーナーが交換している可能性は高いぞ。

ポイントカバーの種類【フラット、立体】

Moon Eyes製 ポイントカバー MP300HD

ムーンアイズ製ポイントカバー

今回は俺の車両をカスタムするので参考にしてほしい。

元々装着されていたのがムーンアイズ製のポイントカバーだ。

ポリッシュされたアルミキャストで立体的なフィンがついている。

これは裏面がフラットタイプだが、表面は厚みがあるのでボルトサイズも長めだ。

ポイントカバー裏面
ポイントカバー側面
No8-32x3/4
No8-32x3/4

No8-32x3/4 付属のボルトサイズだ。必要工具は9/64 六角レンチを使用。

購入時にポイントカバー本体、紙ガスケット、ボルトが付属されているので後は工具だけ用意すれば簡単に交換できるぞ。

楽天で同じポイントカバーが販売されているのでチェック

純正No1ポイントカバー

純正ポイントカバー

今回は純正のポイントカバーに変更しようと思う。

ヤフオクで3800円で購入。

本体のみだったのでボルトとガスケットを別に楽天で購入してきたぞ。

使用するボルトはNo8-32x1/2インチのボタンヘッドボルト

使用工具は3/32インチの六角レンチ。

ガスケットはJAMES(ジェームズ)のラバーコートメタルガスケットを使用。

正直紙タイプでも全く問題ないがなんとなくしっかりしたのを今回は購入した。

ポイントカバー本体が薄いアルミなのでボルトサイズを間違えると装着できないので注意が必要だ。

ポイントカバーのボルト

ボルト二つを外すだけで交換可能なので5分もあれば誰でもカスタムできるぞ。

純正ポイントカバー

まとめ

誰でも簡単に自分でカスタム出来てガラッとエンジン周りが変わるので満足度は高いカスタムだ。

今回はショベルヘッドで実際に行ってみたがエボやツインカム、スポーツスターも手順は同じなので気軽にチャレンジしてほしい。

比較的ポイントカバーは色々な種類が安価に販売されているので自分の好みを見つける時間も楽しいぞ。

アマゾンや楽天に多数販売されているので興味があれば覗いてみよう。

他にもたくさんショベルヘッドのカスタムや修理やってます。

下記のまとめ記事で全て語っているので確認してね。

カスタム費用のまとめ
ショベルヘッドのカスタム費用公開|19選|チョッパーカスタムの値段

ショベルヘッドにかかったカスタム費用を詳細に全て公開するよ。どれぐらい費用が掛かるのか参考にして頂けると嬉しいな。理想のチョッパーバイクを制作するための金額目標を見つけよう。

 

ハーレーダビッドソン、ショベルヘッド、バイクカテゴリーの一覧

テックメイトのオプティメイト6

バイク

【オプティメイト6】ハーレーのバッテリー上がり対策、充電器のおすすめ【チャージャー】

ハーレーの大きなピストンを動かす為に、バッテリーの充電状況はとても大事です。 セル付き車両はもちろんですが、キックオンリーの車両でもバッテリーはメンテナンスが必要な部品なのです。 出先でのトラブルNo.1はバッテリー上がりじゃないでしょうか? ここでは無用なトラブルを防ぐ為、バッテリー充電器のおすすめを紹介いたします。 めんどくさがりの俺が長期利用出来ている、手軽に最適なバッテリー電圧を保つチャージャーの紹介です。 この記事を読む事によって車庫や出先でのバッテリー上がりを防げます。 いつでも乗りたい時に準 ...

ReadMore

イベント バイク

【名古屋】ジョインツ2024 感想レポート【チョッパーバイク アメ車イベント】

名古屋最大級のチョッパーバイクバイクイベント、ジョインツ2024に今年も参加してきました。 今年は自分のバイクで自走して参加してきました。 関西から日帰りでの行程はなかなかハードで、自分の体力の限界値を知れたいい経験になりましたね。 ノントラブルで帰って来れたのも嬉しい結果でした。 それでは写真を中心としたジョインツ2024の現地レポートをどうぞ。 開催場所は例年と同じポートメッセ名古屋 Screenshot 場所は去年と同じくポートメッセ名古屋なのですがバイクの駐車場位置が変更になりました。 今年からは ...

ReadMore

冬のアウター、インナーグローブのセット(めちゃヒート)

バイク ファッション

カッコ悪くない!真冬の電熱グローブのおすすめ【冬のバイク装備】

冬のバイク走行で個人的に一番辛い事の一つが手の冷え。 ドンドンと手の感覚が無くなっていきバイクの運転に支障をきたす部分でもあります。 安全面も考え、最新の電熱装備を取り入れるのに最優先すべき場所はグローブだと思います。 ただ市販の電熱グローブはデザインに満足できるものが少ないですよね? そこで今回は手持ちのお気に入りグローブを使いつつ、最新の電熱装備を取り入れることが可能な電熱インナーグローブのレビューを詳細に解説していきます。 結論から言うと機能面、コスト面から考えるとこれが最適解です。 お得に、快適に ...

ReadMore

ガレージ工具

バイク 生活

ハーレーに必要なインチ工具、ミリ工具、ケミカルのおすすめ39選【ガレージの工具紹介】

ハーレーをカスタムする時、どんな工具が必要になるかお探しですか? ハーレーを10年以上所有していて今まで使ってきた工具の中でおすすめの商品を紹介していきます。 趣味【工具】と言えるくらいブランドや歴史を知っているので必要な箇所に最適な工具をおすすめできる自信があります。 数はたくさんありますがどれをとっても後悔させるようなものは紹介していません。 少しづつガレージに集まる工具を見ているとあなたも工具マニアになるかもしれませんよ。   また常備持っている車載工具は別に個別記事を用意しています。 こちらの記事 ...

ReadMore

オーシャンビートル ショーティー4

バイク ファッション

オーシャンビートル ショーティー4のサイズ感レビュー|ヘルメット|半ヘルの決定版

みんな大好きオーシャンビートルのショーティー4を実際に2年被ってみて詳しく解説。機能や付属品を写真多めでレビュー。サイズ表やフィット感、カラーバリエーションの紹介もしているので購入の参考にしてほしい。

ReadMore

ムーンアイズのポイントカバー

バイク

ポイントカバーの交換方法、カスタムに必要な工具【ハーレーショベルヘッド】

ハーレーダビッドソンのポイントカバー交換はエンジン周りの雰囲気を簡単に変更できるお手軽カスタムだ。必要工具さえ持っていれば誰でも交換可能なので挑戦しよう。この記事では詳しく方法を解説、レビューしている。

ReadMore

人気記事

カスタム費用のまとめ 1

ショベルヘッドにかかったカスタム費用を詳細に全て公開するよ。どれぐらい費用が掛かるのか参考にして頂けると嬉しいな。理想のチョッパーバイクを制作するための金額目標を見つけよう。

車載工具の中身 2

旧車のハーレーオーナーが必ず持っている車載工具。今までのトラブルを元に厳選した工具を紹介します。チョッパー乗りの参考になれば嬉しいです。

ガレージ工具 3

ハーレーをカスタムする時、どんな工具が必要になるかお探しですか? ハーレーを10年以上所有していて今まで使ってきた工具の中でおすすめの商品を紹介していきます。 趣味【工具】と言えるくらいブランドや歴史 ...

オーシャンビートル ショーティー4 4

みんな大好きオーシャンビートルのショーティー4を実際に2年被ってみて詳しく解説。機能や付属品を写真多めでレビュー。サイズ表やフィット感、カラーバリエーションの紹介もしているので購入の参考にしてほしい。

パンヘッドのチョッパー 5

チョッパー乗りはバイクとライダーが揃ってかっこいい。愛車のカスタムだけじゃなく自分をカスタムする事も大事。オススメのファッションを実際に使っている物のみで紹介していくよ。夏の全身コーデの参考にして欲しい。

-バイク
-, , , , ,